乾燥肌は美容液でケアするのが一番|肌の潤いを保とう

乾燥に負けない肌へ

女の人

しっとり滑らかな肌に

乾燥肌は、皮脂の分泌が少ない肌です。皮脂が少ないと、角質層の水分が不足して肌が乾燥しやすくなります。乾燥した肌は、毛穴の開きが目立つとともに化粧ノリが悪くなります。また、皮脂は細菌の侵入を防ぐ役割を担っています。よって、皮脂が十分に分泌されないと、角質の奥深くに細菌が入り込んで、真皮に炎症を生じさせます。さらに、肌が乾燥した状態が続くとシワが目立ち始めます。そのため、乾燥肌は、化粧水と乳液でしっかり保湿する必要があります。加えて、美容液の使用も効果的です。乾燥肌は、うるおいを保つ栄養分をキープすることが難しい状態です。しかし、美容液でケアする工夫によって、しっとり滑らかな肌に整えることができます。

ゲル状もしくはクリーム状

乾燥肌に適した美容液の特徴は、ゲル状もしくはクリーム状である点です。ゲルやクリームは、肌に密着して長く留まる特性があるため、角質層まで十分に浸透して栄養分を送り込むことができます。そのうえ、伸びがよいので、ムラなく塗布できます。また、乾燥肌対策の美容液は、セラミドやヒアルロン酸を含んでいます。セラミドは、細胞間脂質の一部で、人間の肌には欠かせない成分です。これは、乾燥肌に不足しがちな皮脂を補う効果があります。とくに、ヒト型のセラミドは吸収されやすいうえに、低刺激です。ヒアルロン酸は真皮に存在する成分で、真皮に潤いとハリを与える役割を有しています。それによって、肌を内側から元気にする作用を有しています。